1. HOME
  2. 日本経営士会とは
  3. 会長挨拶

Association

日本経営士会とは

会長挨拶

message

この度、当会の会長(代表理事)に就任させていただきました鈴木 和男でございます。新型コロナウイルスCOVID-19に罹患された皆さま、及び関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

現在もコロナ禍で社会・経済もまだまだ混乱と不安な状況が続いています。しかし、Afterコロナに向かい、テイクアウト、デリバリー、インターネット教育、テレワーク、Web総会、オンライン診断、リモート治療などの新しい風が吹いてきています。今後も、様々な分野で新しい技術や考え、行動様式などの新しい風が、それも従来なかったスピードで吹いてくるかと思います。このように社会環境変化が激しく、先行きの見えないVUCA(Volatility:激動・Uncertainty:不確実・Complexity:複雑・Ambiguity:曖昧)な時代に突入しているとも言えます。そして生活様式も「ニューノーマル(新常態)」という言葉も生まれています。このように大きな社会経済変革が起きています。企業組織は、株主、お客様、パートナー企業、従業員やその家族、そして環境も含めた社会全体という全てのステークホルダーに貢献しながら、成長し続けるビジネスモデルを構築する必要がますます求められてきています。そのためには、「デジタルシフト」と「マインドシフト」を実践し、自ら「変化を起こしていく」こと。そしてその変化を陣頭指揮するのは経営者です。そして前例の踏襲から脱却し変革を牽引していく次世代幹部・リーダーへの期待・重要性が増しています。それらを支援するのが我々、経営士会であり、経営士だと思います。

このように経営士が果たす役割は、新常態において、より一層大きくなっていると感じています。今こそ私たちの英知とスピード感のある行動が必要です。そのために新しい執行部は、会員の皆さまの「個の力」と「連携・連帯の力」の増強のために従前の仕組みや考え、行動を大幅に変革してまいりたいと思っております。具体的には、➀日頃から連携して考える・行動できる場を作る。②知恵と経験を結集し、他のコンサル業や士業ではできない支援メニューを確立する。③中堅・中小零細企業そして地域社会へタイムリーに情報発信できる体制・システムの構築。④他団体・組織との積極的な連携/協働による総合・統合力の強化などです。

皆さまと一緒に、経済と社会のイノベーターとなって改革を推進し、全てのステークホルダーと共に明るくサステナブルな未来を作っていきたいと考えています。

皆さまのなお一層のご協力とご支援をお願い致します。

一般社団法人 日本経営士会
会長(代表理事) 鈴木和男